カーセキュリティ|カーセキュリティプロショップハヤブサ

  • フリーダイヤル:0120-21-6969
  • お問い合わせ・お見積もり
カーセキュリティプロショップハヤブサ
  • TOP トップ
  • NEWS 新着・キャンペーン情報
  • SERVICE 施工サービス
  • PRODUCT 取扱い製品
  • CAR SECURITY カーセキュリティとは
  • SHOP ショップ案内

CAR SECURITY

トップ > カーセキュリティとは(カーセキュリティ専門用語集)

カーセキュリティ専門用語集

カーセキュリティに関連する用語・キーワードについての説明を記載したカーセキュリティ業界の「とは」検索ができるサービスです。わかりづらい専門用語やカーセキュリティに関する知識を深めたい際にお役立てください。

サイレントモード

閲覧された回数:1925

異常時でも警告音や発報を行わない設定のこと。住宅密集地などで誤作動が起こった時に近所迷惑にならない機能。ただし車内でLED発光などセキュリティーが警戒モードになっていることを犯人に知らせる機能は必要となります。

ショックセンサ

閲覧された回数:1465

車への衝撃を探知するセンサ。多くのタイプは車体を叩く時の衝撃を探知する。音波や電磁波、振動など、さまざまな方式を用いる。センサの種類によっては誤作動を起こしやすい。

スキャナー

閲覧された回数:1441

光を使った威嚇装置の一種で、複数のLEDが流れるように点滅を繰り返すことで警戒モードであることを明示する。スキャナーはLEDを使用した製品が大多数を占め、消費電力が少なく、寿命が長いのが特徴となっている。

スタータカット

閲覧された回数:2671

セキュリティー作動中にイグニッションキーを操作してもエンジンを始動させない機能。主にエンジンスターターモーターへの電気の供給を停止させるもの。

ステアリングロック

閲覧された回数:1509

セキュリティー作動中にステアリングを固定して動かさなくする機能。一般的にエンジンが始動しても動かせないタイプが多い。また、機械的にハンドルをロックするセキュリティーグッツもあります。

スリープモード

閲覧された回数:1570

センサをスリープ(寝かせる)させるモード、すなわち、センサー機能を停止させるモードです。誤作動を起こしやすい立体駐車場や自動ドア近くに駐車する時などに使用すると便利。また一部のセンサをスリープさせる機能を持つ機種もある。

赤外線センサ、感熱センサ、IRセンサ

閲覧された回数:3627

赤外線センサは赤外線放射装置からの赤外線をキャッチするセンサで、物体が赤外線放射装置とセンサの間を通過して赤外線が遮断された時に反応する遮光センサのこと。感熱センサは、外気よりも暖かい物体が接近すると反応するセンサで、人間などの体温が外気より高い動物に反応しやすい。メーカーによってはIRセンサとも呼ばれる。

センサ感度

閲覧された回数:1466

センサの感じやすさの度合いのこと。感度を高めるとわずかの変化で異常を探知するが、誤作動を起こしやすくなる。逆に感度を低くすると誤作動は少なくなるが、異常探知能力は鈍る。センサは電気の流れを変化させる抵抗(一部センサーには発電量の変化)のようなものなので、通常は流れる電気を調整することで感度調整を行う。センサ感度の調整はリモートタイプとボリュームタイプがあります。