カーセキュリティ|カーセキュリティプロショップハヤブサ

  • フリーダイヤル:0120-21-6969
  • お問い合わせ・お見積もり
カーセキュリティプロショップハヤブサ
  • TOP トップ
  • NEWS 新着・キャンペーン情報
  • SERVICE 施工サービス
  • PRODUCT 取扱い製品
  • CAR SECURITY カーセキュリティとは
  • SHOP ショップ案内

CAR SECURITY

トップ > カーセキュリティとは(カーセキュリティ専門用語集)

カーセキュリティ専門用語集

カーセキュリティに関連する用語・キーワードについての説明を記載したカーセキュリティ業界の「とは」検索ができるサービスです。わかりづらい専門用語やカーセキュリティに関する知識を深めたい際にお役立てください。

赤外線センサ、感熱センサ、IRセンサ

閲覧された回数:3627

赤外線センサは赤外線放射装置からの赤外線をキャッチするセンサで、物体が赤外線放射装置とセンサの間を通過して赤外線が遮断された時に反応する遮光センサのこと。感熱センサは、外気よりも暖かい物体が接近すると反応するセンサで、人間などの体温が外気より高い動物に反応しやすい。メーカーによってはIRセンサとも呼ばれる。

センサ感度

閲覧された回数:1466

センサの感じやすさの度合いのこと。感度を高めるとわずかの変化で異常を探知するが、誤作動を起こしやすくなる。逆に感度を低くすると誤作動は少なくなるが、異常探知能力は鈍る。センサは電気の流れを変化させる抵抗(一部センサーには発電量の変化)のようなものなので、通常は流れる電気を調整することで感度調整を行う。センサ感度の調整はリモートタイプとボリュームタイプがあります。

タイヤロック

閲覧された回数:1451

タイヤに装着させて機械的にタイヤの動きを抑制する装置のこと。タイヤを挟み込むように装着してバーを路面に延ばして走行不能にするタイプや、ホイールに装着してミッション方向にバーを延ばすタイプなど、さまざまな形式がある。

ダイアグノスィック機能

閲覧された回数:1349

警報が鳴った原因をある程度特定することが出来る機能です。

チャープ音

閲覧された回数:1818

セキュリティーをアーム(ON)、ディスアーム(OFF)した時の確認音のこと。

超音波センサ、ウルトラソニックセンサ

閲覧された回数:12045

超音波を発信して、その反射波を測定するセンサ。物体の接近距離や性質(硬さなど)を知ることができるので、侵入センサとして誤作動が少ない。ただし、超音波を出すコウモリの多い場所や、超音波センサを備える車が近くに停車すると反応しない可能性がある。

チルトセンサ(傾斜センサ)

閲覧された回数:2506

クルマの傾きを検知。デジタル式は、駐車時の角度を記憶し、そこから設定角度以上傾くと反応します。タイヤ&ホイール盗難やレッカー車などによる車両盗難防止に有効と言えます。

ディスアーム

閲覧された回数:1648

カーセキュリティを解除する意味です。基本的に解除と同時にドアロックが解除されます。

デュアルセンサ

閲覧された回数:1309

リモコン操作に対して、灯火類点滅と警告音によって命令実行を示す機能。確認と同時に、サイレン、灯火類、セキュリティー回路の作動テスト、周囲に対する(セキュリティー開始の)アピールも兼ねています。

特定省電力

閲覧された回数:1594

無線免許がなくても使用できる電波通信装置の出力と使用可能な周波数の法律のこと。ワイヤレスリモコンやトランシーバー、リモコンカーや飛行機、無線LANなど、それぞれ定められた周波数を使用しなくてはならない。いずれも最大出力は10mW以下となっているので、リモコンの最大到達距離を2km以上に延ばすことは不可能に近い。またアンテナを長くして到達距離を延ばすと基本的に電波法違反になるので注意が必要です。